Ta-kaku.jp Tools
Update 2010/02/06
技術メモ内容
トップページ
ハードやソフトの技術メモです。 ほとんど、個人の備忘録のレベルですので高度なことは書かれていません。 皆様に少しでもお役に立てれば幸いです。
MENU
7.MVC
サイト更新情報
2008/10/18
「Ta-kaku Tools 住所検索・郵便番号検索・事業所名検索・駅検索・電話局番検索」を Ver2.202 にリビジョンアップしました。
更新内容は以下の通りです。
・「xxx1丁目」の様に「全角の数字」と「丁目」が続いている文字列が入力されると検索できない事がある不具合を改修しました。
2008/10/01
Ta-kaku Tools Whois検索 Ver1.000をリリースしました。
2008/09/30
「Ta-kaku Tools 住所検索・郵便番号検索・駅検索・電話番号(局番)検索 」を Ver2.201 にリビジョンアップしました。
更新内容は以下の通りです。
・電話番号(局番)検索機能を正式版にしました。 ・無効な数値に対して住所の検索を行っていた処理を改善しました。 ・局番0120指定でGoogleMapがおかしな場所を示していた不具合を修正しました。 ・「東京駅駅」のように入力されると、関係の無いデータが出力される不具合を修正しました。
過去の情報
関連キーワード
技術メモ インデックス
カテゴリーを選択してください。
インストール
プログラミング言語
マークアップ言語
データベース言語
スクリプト言語
MS-Office
その他
Webアプリケーション
の開発方法
7.MVC 技術メモ
追加日時の新しい方から掲載しています。
第7章 MVCモデルについて
登録日:2006/10/23   分類:Webシステム
目的
    これまでご紹介してきたWeb系の言語を利用して、いよいよアプリケーションの開発
    を行う為の基本的概念を学びます。
    ある程度の規模があるアプリケーション開発には、通常フレームワークと言われる
    概念が適用されます。
    自由度の高いPHPを使用した開発でも、フレームワークを利用する事が可能です。
    逆にフレームワークを利用する事で、開発時における機能の混在による不具合発生を
    未然に防ぐ事ができるようになります。
    ここでは、Webアプリケーションフレームワークの代表的存在である、MVCについて
    解説します。

目次
    1.ライブラリーとは
    2.フレームワークとは
    3.MVCとは

1.ライブラリーとは

    同じような構造を持つ機能をプログラムとして共通化して提供し、それを利用して
    効率的に開発を進める方法がよく用いられます。
    ライブラリーとは、機能を共通化した再利用可能なプログラムの事を指します。

2.フレームワークとは

    いくつかのプログラム開発を経験した方であれば、アプリケーション全体に
    種類による特有なパターンが存在する事に気付きます。
    Web系アプリケーションも同様で、検索--->データ収集--->表示 などの決まった
    パターンで処理が繰り返されるものです。
    その、全てのアプリケーション全体に共通した部分を再利用可能にしたライブラリーが
    フレームワークと呼ばれるものです。

    フレームワークの代表としては、Java の Struts や .NET の ASP.NET などを
    良く耳にします。
    PHPでは、MVCモデルと呼ばれるフレームワークがよく適用されます。

3.MVCとは

    MVCは、Model View Controller の文字を取ったものです。
    それぞれの意味は、次のようになります。

        Model           ... 主にデータベースの読み書きなどを行う処理です。
        View            ... 表示に関する処理です。
        Controller      ... Model と View をコントロールする処理です。

    MVCは、これらを明確に分離しながら開発を行う手法として考案されました。

    3-1.MVCフロー

        MVCの処理フローは、以下のようなイメージになります。

            ユーザからのリクエスト
                :
            リクエストの受付
                ↓
            モデル(Model)の自動判別    ---+
                ↓                        |
                ↓ ... データの受け渡し   +--- コントローラー(Controller)が制御
                ↓                        |
            ビュー(View)の自動判別     ---+
                ↓
            テンプレートの呼び出し
                ↓
            HTMLの生成
                :
            ユーザのブラウザに表示

    3-2.MVCの基本的な構造

        (1) MVCフレームワーク

            基本的に変更する事のないMVCフレームワークのライブラリです。
            この中に、Model, View, Controller を設置します。

        (2) MVCアクション制御

            ユーザからのリクエストを受け取って Model に引き渡す機能です。
            機能としては、モデル(Model)に分類されます。

        (3) MVCビュー制御

            リクエストに応じたビューを判別させる機能です。

        (4) サイト

            ここに、サイト独自のコードを設置します。

        (5) サイトアクション機能

            データベースから情報を収集する機能などを追加します。
            収集したデータは、コンテキストに格納します。

        (6) サイトビュー機能

            ビューに関する制御を行います。
            ここで、アクションからコンテキスト経由で受け取ったデータをテンプレート
            に引き渡しています。

        (7) サイトテンプレート

            サイトビューから受け取ったデータを展開して、HTMLのイメージを編集する
            ところです。

        (8) サイトCSS

            テンプレートに応じたCSSを準備します。

        (9) サイトフロントコントロール

            リアルタイムアクションの機能などを設置します。
            また、リクエストをサイトバックエンドに引き渡す機能を設置します。

        (10)サイトバックエンド機能

            サーバサイドで動作する機能です。
            フロント側とは別のプロセスで動作しますので、非同期通信を利用します。

最後に

    お疲れ様でした。
    以上を持ちまして、Web講座を終了致します。

    本Web講座でご紹介した内容は、膨大なWeb技術仕様の一部分でしかありません。
    しかし、ここまでの内容を正しく理解された方であれば、他のWeb言語や今後考案される
    技術をスムーズに吸収できると確信しています。

    本講座が皆様方の技術向上に少しでもお役に立てれば幸いです。

参考

    KJ著 Web Application Super Sample

---

・本ページの内容は、Ta-kakuが住所検索のページを作成する際に独自で調査した内容を
  講座的にまとめたものです。

・記述に誤りがある場合は、訂正して読み替えてください。

・技術的な内容にはお答えできませんので、予めご了承ください。
PR